<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

飛騨の里の雪景色

空の青さに連れられて、雪景色を見物に飛騨の里まで行ってきました。
雪景色は家の周りにもいっぱいありますが、「飛騨の里へ雪景色を見に行きましょう。」とヒッツFMで言っていたのが頭から離れずに、買い物の帰り道、思わず足を伸ばしました・・・。
c0036792_22473835.jpg

車田もすっかり雪に覆われて、民家の横の柿の木には、小鳥達の為の柿の実が沢山なっていました。
c0036792_173349.jpg

すっぽりと雪に包まれた佇まいが、心を静かにしてくれます・・・といっても今日は年の瀬、のんびリズムを気取ってはいられません。今度またゆっくりと訪れることにしましょうか。
[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-30 23:13 | ちょっとそこまで

コタツはいいね

昨年までは、コタツに入れても嫌がってすぐに出てきたのに、この冬はすっかりコタツの魅力にはまってしまったようです。いまでは夜になると石の上に登ってきて、コタツに行く気満々で待っています。それに気づかずにいると、水槽のガラスをたたいて催促します。(ちょっと布団をめくって写真を撮りました・・・心地よく眠っていたのにと迷惑そうです。)
c0036792_20363112.jpg

「コタツはいいね最高だね、春までここで寝ていたい気分だな・・・。」
[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-25 21:06 | 小太郎日記

小屋根の雪

空の上から毎日せっせと雪を降らせてくれるので、下で暮らしている私は、コタツで丸くなっているわけにもいかず、せっせと雪と戯れています。休みの今日は小屋根の雪を下ろしましょう。
c0036792_20142175.jpg

窓からのぞいて見るとビックリ、いつの間にこんなに積もったのか、下が見えない状態です。でも下ろすというか落とすのはとっても簡単、楽しい作業です。
c0036792_2022211.jpg

ただし後の 雪またじ がなければですけど・・・。
[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-23 20:25 | ある日の出来事

カゴメランが咲き始めました

蕾のままで咲かずに終わってしまうのかしら、と思うほどゆっくりと時間をかけて、カゴメランがようやく咲きかけました。「わーい咲いた! 咲いた!」でも、あまりにも小さな花なのでよく見えない。ムム・・・虫眼鏡・・・ようやく対面できました。
c0036792_15541757.jpg

おもいっきり近づいて撮影してみました。でも3ミリ位の小さな花なので、なかなかピントが合ってくれません。
c0036792_16533068.jpg

外は氷点下の寒さで真っ白な雪景色です。でも玄関で頑張って咲いています。
[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-16 17:03 |

横岳神社の御柱

御柱祭は諏訪大社だけではなく、諏訪社を祭っている神社でも、諏訪大社と同じく寅と申の年に行われます。今年の秋に訪れた坪庭にある横岳神社にも、御柱が建てられていました。
c0036792_215214.jpg

どんなに小さな神社でも、必ず四本の御柱が建てられます。
c0036792_2201790.jpg

[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-13 22:06 | ちょっとそこまで

雪かきの季節がやってきた

いよいよ厳しい冬がやってきました。一夜にしてあたりは白銀の世界へ・・・綺麗だなと思うより先に、また雪との格闘が始まるのかと思うと、少々うんざりです。でも今日は休日なので(ラッキー)しばらく雪を楽しみましょうか・・・。
c0036792_1022647.jpg

[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-05 10:23 | ちょっとそこまで

ツーショット

小太郎には迷惑かもしれませんが、コリちゃん達は小太郎の近くに寄るのが好きらしく、小太郎の足に踏まれそうな場所にいる事がけっこうあります。そして、知ってか知らずか同じような格好をしています。
c0036792_14294275.jpg

遊ぶ気満々の小太郎と 「何がそんなに楽しいの?」 と不思議そうなアカメちゃんです。
c0036792_1434923.jpg

[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-02 14:36 | 小太郎日記

御柱祭その1

昨年の御柱祭の様子です。これから御柱が山を下ります、本宮一之御柱です。御柱の上や左右に飾られたオンデコに、振り落とされまいと男達がしがみついています。落ちずに乗り切るゾと、それぞれに想いを高めているようです。動き出すと何人もの人が振り落とされますが、またすぐにしがみついていました。
c0036792_21193550.jpg

見物人の数がものすごく、近くまで行くことが出来ずに、ずーっと離れた川の向こう岸からの見物でした。次回はこの写真の中に納まる場所で見物したいものです。
[PR]
by kotapi_1 | 2005-12-01 21:43 | ちょっとそこまで