宿儺まつり

「いい天気になって、よかったねー。」
と、いそいそと出かけた先は、宿儺まつり会場です。
日本一の宿儺鍋で煮た、宿儺なべをいただきに・・・・・参りました。
c0036792_19441884.jpg

大きな鍋を料理人がずらりと囲み、中からは美味しそうな湯気が立ち上っています。
ちょうど昼時、順番待ちの長い列・・・協力金(一人200円)を払い、列に並びます
c0036792_1946596.jpg

大きなひしゃくですくい、フォークリフトで運んだ器でそれを受けます。
何百人も並んでいたけれど、スムーズに前に進んでいきます。
c0036792_19481795.jpg

鍋の下では大きな薪が燃えています。
c0036792_1951427.jpg

「いただきまーす!」 「ウフッ!美味しい!」たっぷりの野菜の他に古代米のお餅が入っています。
「何杯でもお代わり出来ますよ」・・・におもわずもう一杯・・・・・もう一・・・いえいえ、もうはいりません御馳走様でした。
c0036792_19502825.jpg

山の上から鍋を覗いてみました、中の料理は・・・見えませんでした。
皆のお腹に入ったからね、残りも少なくなったかな
c0036792_19544918.jpg

順番待ちの列も短くなっています。ブルーのシートに置かれているのは、鍋の蓋です。
c0036792_1953770.jpg

宿儺まつりは毎年11月3日です。                                     高山市丹生川町にて

両面宿儺の伝説は高山市丹生川町にある「宿儺の湯 ジョイフル朴の木」のHPに掲載されています、詳しくは
こちらへどうぞ。
[PR]
by kotapi_1 | 2006-11-03 21:34 | ちょっとそこまで


<< 城山公園 ほんのりと 緑の貝殻 >>