松之木町の七夕祭り

毎年8月6日に行われる松之木町の七夕祭りで、道や川を隔てて向き合う山の上の男岩と女岩を繫いで、しめ縄が架けられます。
c0036792_19142833.jpg

昼間のうちに両方の岩にしめ縄を巻きつけ、祭りの準備が進みます。
c0036792_19144631.jpg

c0036792_19145970.jpg

飾り物の馬と糸巻きです。一年間に町内で生まれた赤ちゃんの成長を願い、男の子なら馬が、女の子なら糸巻きがしめ縄に飾られます。
c0036792_19151441.jpg

夜8時頃、両方の岩に巻かれたしめ縄を結び、いよいよしめ縄が架けられます。
c0036792_19152660.jpg

両岩では何人もの男衆がしめ縄を曳き上げ、下では長い棒で支え上げます。
c0036792_19153996.jpg

七夕岩にしめ縄が架けられました。夜空を流れる川のように男岩と女岩を繫ぎます。
c0036792_2053616.jpg

  ここまでの写真は平成15年の撮影です。
今年の七夕岩のしめ縄です。今年は馬が二つ、糸巻きが二つ、飾られていました
c0036792_19155735.jpg

c0036792_1916983.jpg

                                          高山市松之木町にて
[PR]
by kotapi_1 | 2006-08-07 20:26 | ちょっとそこまで


<< 夏の楽しみ 電話台兼収納棚 >>