磐境(イワサカ)

縄文時代の後期、稲作を始めた頃に、人々が米の豊作を願って祭礼をが行なったのが、白山中居神社の起源といわれています。その頃には社は無く、大きな鏡岩が、神の鎮座している場所(磐境)として祀られていました。
c0036792_21221173.jpg

[PR]
by kotapi_1 | 2005-05-25 21:23


<< たいくつな木 大きな杉の木 >>