松之木の車田

田んぼの真ん中に杭を打って、そこを中心に円状に苗を植えます。その形から車田と、呼ばれています。伊勢神宮への神共米を育てる田んぼとして、昔々(いつ頃からか詳しい事はわかりませんが、鎌倉時代にはあったようです。)から、作られています。全国各地にあったようですが、現存しているのは、佐渡と松之木だけといわれています。(飛騨の里には、観光用に造った車田があります。)
c0036792_16305574.jpg

今日松之木の車田の、田植えが行われました。仕事で田植え風景を見ることは出来ませんでしたが、写真を撮ってきました。
c0036792_1635596.jpg

[PR]
by kotapi_1 | 2005-05-15 16:36


<< 長野で出会いました その2 長野で出会いました その1 >>