ごはんちょうだい

家に来た頃小太郎は、餌を何にも食べなくて、何種類かの亀の餌を試してみましたが、一粒も食べてくれません。お願いだから食べてちょうだいと、食べ物を口の前に持っていっていたところ、いちごをパクッと食べたのです。赤い色のものは食べてくれるのがわかり、それからはマグロやハム、いちご、など赤い食べ物をさがしては、食べさせていました。ところが突然の悲劇が小太郎を襲ったのです。赤いからと与えたにんじんが、口に合わなかったらしく、あわてて吐き出してしまったのです。それ以来食べ物に対してすごーく慎重になってしまい、くんくんとにおいを嗅いでは食べるようになってしまい、いまは牛肉しか食べない、偏食家になってしまいました。でも元気なので今のままでいいのかなとおもっています。食欲は旺盛でよく食べます。
c0036792_19133035.jpg

いつの間にか、手で与えないと食べないようになってしまいました。落ちたのも拾って食べてくれません。でもそれがとっても嬉しいかも・・・
石の上に登ってきて、ごはんの催促です。
[PR]
by kotapi_1 | 2005-04-04 19:57 | 小太郎日記


<< 新潟の旅で出会いました その3 庭の雪割草 >>